子どもと鍼灸

 

子どもの夜泣き、疳の虫、おねしょ なぜ?!

 

・夕暮れ泣き、夜泣きがひどい

・なかなか眠らない

・人をかむ

・キーキー声をだす 

 

 

などの症状でお悩みはありませんか?
言葉をうまくしゃべることができない乳幼児は、自分の思いを伝えられないもどかしさを、夜泣きなどの色々な症状として表現します。

 

はりきゅう百会では、お子様に対して鍼灸を定期的に行うことにより、それらの症状の緩和をはかります。
また、お子様への施術を通じて、ご家族の身体や心の負担を取り除くお手伝いをいたします。

kids03

 

子どもにはりを「ぶすっ」?!

 

kodomo1

子どもへの鍼灸は、専用の道具を使って皮膚をやさしくさすります。最初は、見知らぬ人が触るので、泣く子がほとんどですが、そのうち慣れてくると、自分からお腹を出したりして、「早く治療して」とせがむ子も大勢います。

小児ばりを受けた子たちは、「気持ちがいい!」「楽しい!」と、小児ばりが大好きなようです。

 

 

 

小児ばりは、夜泣きだけに効くわけではありません。

 

次のような子どもの症状に対しても、鍼灸治療の有効性があります。

 

小児神経症(夜泣き、疳の虫など)、偏食、食欲不振、不眠、小児ぜんそく、アレルギー性皮膚炎、夜尿症、虚弱体質の改善、風邪、鼻炎、下痢、便秘、鼻血、肩こり など

 

小児科にいくほどでもない軽い症状でも、ぜひ当院にお気軽にお越しください。

 

逆に小児科に行くような重い病気でも、お子様と保護者の方の体力が許せば、ぜひ当院にお越しください。

小児ばりによって、自然治癒力が高まり、症状の早期改善、緩和を期待できます。

baby02

 

 

 

子育て苦労経験中鍼灸師が施術いたします!

 

kids04

 

はりきゅう百会の鍼灸師は、未だに子育てに悩み、苦しみ、もがいています。
そんな私たちだからこそ、子育てのどんなことでもお気軽にご相談ください。

 

はりきゅうと私たちの経験を通じて、お子様の症状を改善し、ご家族の身体や心の負担を取り除くお手伝いをいたします。

 

 

 

 

生後1か月~小学生までです。
小学生高学年で、大人と同じような「鍼を刺す」治療法でもかまわないというお子様には、大人と同じ治療を行います。

 

 

 

 小児ばりは、乳幼児で3~5分程度です。
子どもは日々成長していますので、その分大人よりも鍼灸の効果が現れるのは、早いのです。